高貴な風俗嬢

風俗で遊ぶならジャンルよりもむしろ…

風俗にいろんなジャンルが用意されていることは常識ですし、そこからどのジャンルを選んで楽しむのかはすべてお客である男の自由です。その自由さも魅力だと思うんですけど、自分自身ではジャンルへのこだわりよりもやっぱり女の子へのこだわりですね。ジャンルによって快感は違いますけど、最終的に満足出来る点は変わらないじゃないですか。それよりもむしろ自分が求める女の子の方が良いかなって。満足が最終的に同じであれば、自分自身のモチベーションを高めてくれるような女の子の方が良いんじゃないのかなと言うのが自分の結論なんですよね。風俗嬢と言っても本当にいろんな女の子がいるじゃないですか。その中から一人選ぶのは簡単ではないですけど、魅力的な女の子がたくさんいる以上、ジャンルというカテゴリーではなく、自分が遊んでみたいなって思うような女の子と遊ぶのが一番なんじゃないのかなって思いますので風俗で遊ぶ時には女の子優先です。

すべての面で楽。それに尽きる

すべて楽だからこれだけ飽きっぽく、さらには面倒くさがりな自分でも風俗だけは続いているんじゃないのかなって思っています。遊んでいると余計なことを考える必要がないというか、自分の欲望のことだけを考えていれば良いじゃないですか。こんなにわがままに振る舞っても良いというか、それが許されているのは風俗だけと言っても良いでしょう。他のサービスの場合、いくらお客ではあってもある程度は考慮しなければならない部分もありますよね。でも、風俗だけはそんな余計なことを考えることなく、自分が楽しみたいって理由で自分の理想を追い求めることが許されている世界なんです。そんな雰囲気が許されているのは、ある意味では風俗だけなんじゃないのかなって思うんですよね。女の子とのコミュニケーションだって基本的にこちらが有利に進めることが出来るじゃないですか。その思いだけでも、如何に風俗がありがたいものなのかということに気付かされますよ。